アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

仮想専用サーバー

キーボードのキー

情報のクラウド化をするためには、企業はデータセンターを借り、そこにデータを保管していくことになる。
サーバー自体は一つ借りると高額になるので、データセンターは、サーバーの中をユーザーごとに分けている。
これは仮想専用サーバーという考え方で、サーバーの中に専用の帯域を設け、実質的には一つのサーバーを複数のユーザーが使用しているという仕組みである。
一つのサーバーを複数のユーザーで分けているので、使用料が低額で済む。
このことから、仮想専用サーバーが今はデータセンターで重宝されているシステムとなっているのである。

こうしたサーバーのあり方は、一つのユーザーの使用状況が高まるほどに、他のユーザーの使用度にも影響するというデメリットがある。
サーバーは使用されるユーザーの数が増えるごとに負荷が増えていく。
このため、一つのサーバーを複数のユーザーが使用している場合、一人のユーザーが使用が多いと、負荷がかかった結果他のユーザーのパフォーマンスも落ちるのである。
QoSを実現するために、こうした自体が起きるのは防ぎたい。
このため、あらかじめ優先される帯域を企業ごとに決める必要がある。
ATMなどの金融の取引などで使われる場合この企業のデータが優先されるべきである。
サーバーの使用頻度や状況に応じた帯域を指定することなども、重要なQoSの役割である。